ビーグレン 暗くくすんだ肌

新しい自分、発見。

今日は、担当する百貨店の広報さんとの打ち合わせです。

 

百貨店の顔ともいえる正面入り口の巨大ウィンドウに、私の思い描いた世界を再現できるのです。落ち込んではいられません。

 

そうやって自分を奮い立たせて、けれどもしぼんでしまった心のまま、淡々と仕事をこなしました。

 

打ち合わせが終わった後。

 

とぼとぼと向かっていたのは、百貨店内にある有名アパレルメーカーのお店。気が付くと、あの花びらのようなワンピースの前に立っていました。

 

こんな可愛らしい色の服は、ディスプレイのアイテムとしてでしか触れたことがありませんでした。

 

自分が着るなんて、想像したことすらありません。

 

それなのにいつの間にか、私の心の片隅に、あのワンピースを着てみたいという欲が湧いていました。

 

ビーグレンとの秘密の挑戦は、私自身の劣等感への挑戦だったのかもしれません。

 

大きな鏡の前で恐る恐る、ワンピースと自分を重ねてみました。すると…

 

 

あ……


 

思わず、声が零れ落ちました。

 

暗くくすんだ肌の私には、綺麗な色は似合わないって思っていた、淡い色。

 

ですが、今鏡に映っている私とワンピースは、自分で言うのもなんですが、調和がとれているのです。

 

 

私の肌、少し明るくなってる……


 

お店のライトのせいではなく、確かに、顔全体の肌が1枚分むけたように明るくなっています。

 

頬には、今まで感じたことのない透明感もありました。

 

毎朝毎晩、手順通りにお手入れをして、鏡に張り付いていた私。
ある朝突然、シミが消えてマネキンのような肌になっているんじゃないかって、期待していた私。

 

優花子さんの言っていた通りです。

 

狭い世界だけを見ていては、気が付けない事があるのです。

 

 

……うん。最後まで、使ってみよう!


 

鏡の中で微笑む自分は、まるで鎖を解かれたかのようにすがすがしいものでした。

 

 

次の『 色とりどりの世界と私 』へ

 

 

 

新しい自分、発見。ビーグレン美白ホワイトケアショートストーリー



このエントリーをはてなブックマークに追加